復職・就職の体験談

Aさんの場合

発症年齢:46歳

発症:2016年11月

復職:2019年1月(発症後2年2カ月)

仕事:休職前は会社のSE→同じ会社の別部署に復職

 

復職までの経緯
急性期病院→回復期病院(合計約200日)
退院〜復職:訪問リハビリを利用
発症後1年4カ月〜復職:就労移行支援施設に通所
発症後1年8カ月〜:会社と復職に向けて面談(合計3回)

復職にあたって不安だったこと

①人への説明が下手で、電話対応が難しい。

②数字・日付が苦手。聞き間違い、言い間違いがある。

③地名や場所が苦手。聞き間違い、言い間違いがある。

復職のために準備したこと

①電話が苦手なので、会社との連絡はメールにした。

②数字・日付が苦手なので、見て確認できるカードを自分で作った。
③会社に「自分の言葉の状態」を知ってもらうための資料を作った。

ダウンロード
私の復職スケジュール
当事者が書いた復職スケジュールです
私の復職スケジュール.pdf
PDFファイル 111.4 KB

Bさんの場合

発症年齢:47歳

発症:2012年7月

復職:2014年5月(発症後1年10カ月)

仕事:休職前は会社の事務職→同じ会社の同部署に復職

 

復職までの経緯
急性期病院→回復期病院(合計約150日)
退院〜復職:通院リハビリ、地域支援センターを利用
発症後1年8カ月〜復職:復職を目指すグループ訓練に参加
発症後1年3カ月〜:会社と復職に向けて面談(合計3回)
発症後1年3カ月〜復職:通勤訓練
発症後1年7カ月〜:障害者職業センターで職業能力評価を受ける(合計20回)

復職にあたって不安だったこと

①疲れやすい。体力がない。

②込み入った話がわかりづらい、複数の人が話していると聞き取りにくい。

復職のために準備したこと

①通勤訓練をした(7カ月間)

②大事なことはメールにしてもらうようお願いした。
③会社に「自分の言葉の状態」を知ってもらうための資料を作った。


XXさんの場合

発症年齢:歳

発症時期:年月

発症前の仕事: